大学の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 大学の栄養士求人

大学の栄養士求人

栄養士の職場にはいろいろな所がありますが、その中でも特に人気が高い職場の一つに大学があります。大学には公立大学や私立大学などがありますが、カフェテリアや学食が設置されている所なら栄養士のニーズがあり、タイミングよく求人を見つければ応募することは可能です。大学で働く栄養士は、基本的には大学が空いている月曜日から金曜日までの平日勤務になるのが一般的で、土日や祝日など生徒たちが通学しない日はお休みになります。夜勤などはありませんし、学食が営業する時間帯はあらかじめ決まっているため、急に残業が入ったりすることが少なく、規則正しい勤務時間で働きやすい職場と言えるでしょう。そのため、土日はお休みしたいという人や、残業がない職場で働きたいという人にとっては、とても人気が高い職場となっている点が、大学で働く栄養士のお仕事の特徴です。

大学で働く栄養士になるためには、各教育機関ごとに設けられている採用試験に合格する必要があります。民間の企業や老人ホームなどで働く栄養士の場合には、採用試験と言っても面接が一般的なのですが、大学の場合には一次試験や二次試験など、複数回の試験が設けられていることが多いですし、筆記試験などもあるため、社会人として勉強することから離れている人にとっては、なかなか採用に繋がりにくい超激戦となることが珍しくありません。

私立大学の場合には筆記試験はなく面接だけで採用してもらえる所もありますが、公立大学の場合は筆記試験も含めた試験が複数回行われることは、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。ちなみに、大学で働きたいという栄養士はとても多く、一つの求人に対する倍率はなんと30倍以上とも言われています。もしかしたら大学に通う生徒の入学試験よりも高い倍率かもしれませんね。大学で働く栄養士のお仕事は、超難関と言っても過言ではない競争率を勝ち抜かなければならないのです。

各大学で何人ぐらいの栄養士が雇用されているかという点は、その教育機関ごとに異なります。基本的には生徒何人に対して一人の栄養士が必要というルールが決められているため、生徒数が多い大学の方が、雇用する栄養士の数も多いといえるでしょう。しかし、とにかく人気が高い職場なので離職率が低く、なかなかやめる人がいないために求人募集が出てこないということは珍しくありません。また、大学のお仕事は毎年新卒採用をしているわけではないので、こまめに仕事探しをしてタイミングよく応募することが必要不可欠です。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.