学校の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 学校の栄養士求人

学校の栄養士求人

■学校栄養士の求人状況
学校に勤務する栄養士は、必ず最低1人は配置する決まりがあります。
特に公立の学校は、安定した職種ゆえに競争率が高く、採用されるまで一次試験と二次試験(公務員試験)に合格する必要があり、一般常識問題が難しいとのこと。

募集定員枠が少ないため、地方ではなかなか採用されない難しい職種だといえます。

■学校栄養士の仕事内容は?
学校給食の現場に勤める栄養士は、給食の献立を作成したり、食の栄養に関する生徒への指導、給食委員会の活動などを行います。
栄養士は、学校給食の質の向上や維持を行うための役割を担っているのです。

1日の仕事の流れは、午前中が給食業務を行い、午後から事務のお仕事をこなします。
時には栄養研究会に出席するために出張しなくてはいけない場合もあります。

■学校で働くメリットとは?
倍率が30倍以上といわれている学校の栄養士。
そこに採用されて働くメリットは、ずばり「安定性」だといえるのではないでしょうか?

学校栄養士職員として採用されると、いわゆる公務員栄養士として働くことになります。
公務員となると、加入する社会保険は共済年金になりますので、通常の厚生年金よりも手厚くなります。
通常の地方公務員試験を受けるのとは違った、公務員になるためのもうひとつの方法が「学校栄養士」なのです。

■学校栄養士職員になるには?
学校栄養士職員になるためには、各地方で行われる採用試験に受かる必要があります。
試験は筆記の一次試験と面接の二次試験が実施されます。

年々採用人数は少なくなっているため、競争率は高めです。

学校では、児童何名かに対して栄養士を1人という具合に配置義務が法律が定められています。
子供の数が減少しているので、その分採用される栄養士の数も少なくなっているという現状があります。
しかし、採用されれば、公務員待遇を受けることが出来るので、他の栄養士からの人気の高い職業だといえるでしょう。

■非公開求人で安定した仕事を見つける!
好条件の求人は、非公開求人の中にたくさんあります。

非公開求人とは、転職支援サイト独自のサービスです。
適材をマッチングさせるため、一般公開されていない優良求人が、転職支援サイト登録利用者に無料で紹介!
街のチラシ求人やハローワークでは見つからない、高報酬・プライベート充実など、希望に合ったお仕事を見つけることができます。

学校栄養士のお仕事も転職支援サイトを使えば見つかるかもしれません!活用して、好条件の求人を獲得しましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.