保育園・幼稚園の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 保育園・幼稚園の栄養士求人

保育園・幼稚園の栄養士求人

栄養士の勤務先の選択肢として、保育園・幼稚園で働くという選択が存在します。病院などの健康に問題がある方を対象としている職場が多いというイメージがある栄養士ですが、健康であり、これからの将来を担う保育園や幼稚園といった子供を対象に出来る職場も数多く存在しているのです。少子化とはいえ、いつの時代も子供は存在しますし、需要というものが一定数に望めることも、保育園・幼稚園で働く栄養士の特徴でもあります。

一般的に保育園・幼稚園で栄養士として働くためには、それぞれのエリアに存在している給食会社に転職を実現させ、保育園や幼稚園に派遣されるといったケースと、保育園や幼稚園に直接雇用されるといった2つのパターンが存在します。当然に前者と後者では、転職活動の仕方に違いが生じるというのは、転職活動に明るくない方でも想像は出来るでしょう。

保育園や幼稚園という勤務先の場合、小学校や中学校などの同じ教育機関と比較しても、その規模は小規模だと言えます。大規模なスケールになってしまうと、ある程度に決められたルールに従うことがスタンダードになりますが、小規模のスケールの場合には、自由度が高いというのが特徴でもあるのです。例えば、子供の日には、こいのぼりをイメージした形のメニューを提供したり、庭園などで子供たちが育てたさつまいもなどを使った手作りのおやつなどを提供出来るという面白さがあるものなのです。

保育園や幼稚園といった職場の場合、提供するのは、成長を左右される時期であり、それ以前に味覚そのものを形成する大事な時期でもあるということです。好き嫌いなども多い時期であり、子供たちの後々の人生に多大な影響を与える重要な場面で関わることになるわけです。他にも近年では増えてきた食品アレルギーの有無によっても、献立を考えていかなければなりません。保育園と幼稚園を一緒くたに紹介しましたが、正確にいえば、仕事の内容的にはそこまで変わらないものの、食事の回数やおやつの有無など細かい違いが存在しています。

他にも保育園でも認可・無認可によって求められるものは違ってきますし、幼稚園の場合には、私立であるのか否かなどによっても、献立作成に大きな影響を与える場合があるのです。保育園と幼稚園の違い、またそれぞれの中でも認可を受けているのかどうか、経営母体がどこにあるのかによっても、求められるものが違ってきますから、事前にリサーチを掛けておきましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.