病院の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 病院の栄養士求人

病院の栄養士求人

■臨床栄養を行う病院栄養士の求人について
臨床栄養学を学んだ栄養士による栄養指導は、病気の早期緩和・改善のために、今後も期待される分野です。

病院では、患者1人1人の症状に合わせた病院食の献立作成業務を、赴任した栄養士が行います。
病院の管理栄養士は、病気に関する知識も求められますので、責任重要なお仕事だといえます。

■病院栄養士の仕事内容は?
病院栄養士の業務には、大きく分けて2つの種類があります。

ひとつは、厨房業務に深く関るフードサービス系のお仕事です。
毎日の献立作成や、食材の発注、調理そのものを業務として行います。

もうひとつは、臨床栄養のお仕事です。
臨床栄養は、医療施設において患者に対して行われる栄養指導のこと。
例えば糖尿病患者に対しての食事療法の指導などがそれにあたります。

現場の栄養士は、両方を兼任することが多く、栄養士の求人には現場リーダーとしての資格を持つ、管理栄養士の募集が積極的に行われています。

☆病院での栄養指導について
病院の栄養士求人に採用されるには、管理栄養士の資格があると有利です。
管理栄養士が行う栄養指導は、診療報酬として請求できるからです。

病院が患者に対して行う栄養指導は、多くのケースで管理栄養士が行っています。
管理栄養士が患者に対して栄養指導を行うと、病院は診療報酬を得ることができます。

栄養士も栄養指導を行うことができるのですが、病院は診療報酬を得る事ができません。
このような診療報酬の関係もあってからか、病院栄養士の求人は管理栄養士の資格を持つ人材が優先して採用されやすいのです。

■病院栄養士の勤務時間・休日は?
勤務先が病院であることから、交代制になることが多いのがこの仕事の特徴です。
早番なら7時出勤〜夕方17時まで、遅番なら昼出勤の夜19〜20時までの勤務を行います。
夜間に配食はしないので、深夜勤務はありません。

休日は、週休二日制が一般的ですが、半ドン2日で1日休日計算とする職場もありますので、求人選びは注意が必要です。

☆転職支援サイトで栄養士の求人を探すメリット
事務職や営業職、専門職の人が有利な条件で転職できるサービスを提供しているのが、転職支援サイトです。

栄養士は職場によっては休みが少なく、様々な業務を兼任するため、大変多忙なお仕事です。
転職支援サイトの専任コンサルタントは、休日取得状況や人間関係など、職場環境の詳しい情報を求職者に提供してくれます。

転職後のストレスを少しでも減らすことが、転職成功の近道ですので、転職支援サイトのサービスを利用して、条件の良い職場を見つけましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.