保健所の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 保健所の栄養士求人

保健所の栄養士求人

栄養士の資格を有している場合、転職先というものは非常に多岐に渡ります。ですから、就職難と呼ばれるような時代であっても、重宝出来る資格の一つといえるのです。栄養士の転職先としては自治体で働くという選択肢が存在します。その中でも各自治体における保健所や保健センターは転職先としては、非常にスタンダードな転職先と言えるでしょう。保健所を始めとする自治体へと転職を実現させる方法をここでは紹介していきましょう。

基本的に自治体で働く栄養士というものは、地方公務員試験を受け、それに合格することが必須条件になります。地方公務員として認められることになるわけですから、これは避けては通れないものだと言えるでしょう。ですから栄養士という資格を有しているにしても、それ以上に公務員試験の勉強をすることは最低限でも必要なことといえるでしょう。地方公務員試験に合格して初めて配属先というものが決定しますから、こういった形で決まることを覚えておきましょう。

保健所の栄養士は、高齢者に向けた栄養指導を行うことはもちろんですが、妊娠をして出産を迎える女性や、母子といったものに対して、他にも成人向けの栄養指導なども行っていきます。栄養指導や栄養相談といったものを行う際には、配属されたそのエリアの食文化の特徴というものをしっかりと把握しておく必要があるのです。例えば、納豆一つの食べ方にしても、オーソドックスに醤油とからしといったものをかけるエリアもあれば、ミソと砂糖、醤油と砂糖、きなこをかけるといったエリアも存在しているのです。

それぞれのエリア独特の食文化というものが存在し、それにマッチした栄養指導や栄養相談を受ける必要があるということです。北海道・東北地方のような雪が降り、年間の気温が低いようなエリアでは、塩分が多い食文化が定着している特色がありますから、こういったものを考慮した栄養指導を行っていく必要があるということなのです。

地方エリア独特の情報というのは、やはり地域に密着している転職エージェントに登録をして、転職活動に必要な情報を収集することが一番でしょう。とにかく地方独特の情報を獲得することが何よりも大事なのです。公務員試験については、地方によって大差があるということはないですが、その先のことを考えて、転職活動を行っていくことが何よりも重要です。エリア別にどういった特徴があるのか、どういった栄養指導や技術支援が必要なのかを事前に確認しておきましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.