工場の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 工場の栄養士求人

工場の栄養士求人

栄養士の資格を有していることによって、その転職先は多岐に渡ります。つぶしの利く資格というものは、何気に少ないものですが、その一つが栄養士と言っても過言ではないでしょう。栄養士の転職先の一つとしては、工場勤務の栄養士が挙げられます。工場というと、非常に多くの人材が働く場所として知られていますが、正社員であろうと派遣やアルバイトであろうと、工場勤務をしている人材が健康的な生活を出来るように献立を考える重要な役割を担っているのです。

工場勤務の栄養士の場合には、工場給食という独特のジャンルを担当している栄養士になります。工場給食となった場合、同じようなニュアンスがある学校給食と比較した場合でも、その量というものが桁違いに多いという特徴を持っています。基本的には相手は成人になりますし、その上で工場ともなれば、外国人労働者も多いという特徴を持っているところも多いわけです。日本人向けに考えられた献立や分量では、まったく満足出来ないというケースも少なくはないのです。

1000人規模の工場勤務の従業員が存在するというケースは少なくありません。ランチの時間帯のみで1200食から1500食といった喫食率がある所も少なくはありませんし、夕食で800〜1000食といったケースも少なくはないのです。その上で近年流行なカフェテリア方式などを採用している工場もありますから、そういったスタイルに合わせて献立の作成をすることも栄養士の重要な役割になるのです。

食材の量などを簡単に紹介しても、野菜1種類で100kg単位の処理が必要になってきますし、揚げ物などでも1000個単位で揚げるといった工程の大変さが存在します。こういった労力を考えた場合、献立が毎回に凝りに凝ったものになった暁には、現場の調理師の負担が激増することになりますから、避難を受けることは当然になるのです。逆に、楽な調理方法のものばかりをチョイスすると、工場で働く従業員の不平や不満を募らせることにつながってしまうのです。

実際に調理をする調理師の数も何十人という単位になるのは当然のことですから、それぞれの工程を考えたりしながら献立を作成する配慮も出てくるわけです。工場勤務の栄養士の場合、その他の職場の栄養士とは違っている部分が沢山に存在しますから、その特徴を事前に掴んでおきましょう。現場レベルのリアルな情報をつかむことが出来る転職エージェントは何気に多いですし、中には、現職の従業員が情報を提供している転職エージェントもありますから、利用をしていきましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.