ドラッグストアの栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> ドラッグストアの栄養士求人

ドラッグストアの栄養士求人

栄養士の資格を取得している場合、その転職先の一つとして、ドラッグストアが挙げられます。ドラッグストアの栄養士向けの求人は、何気に古くから存在している栄養士の転職先としては、何気にスタンダードな転職先とも言えるものなのです。基本的にドラッグストアにおける栄養相談というものは、病院のそれと比較すると、圧倒的に数が少ないという現状があるのです。その頻度は医療機関や介護機関というものが毎日であることに対して、ドラッグストアは多くても月間に数回という頻度でしか起こりません。

こういったことを考えた場合、栄養相談業務のみならず、一般のドラッグストアの店員のような接客や販売、レジや発注といった栄養士の資格を有していなくても出来るような業務を担当しなければなりません。基本的には、ドラッグストアの一般的な業務をこなしながら、付加サービスとして栄養相談などの特別なサービスを提供出来るというようなニュアンスで考えておいた方が無難です。

ドラッグストアの中で、栄養士の資格をフルに活かせる商品といえば、近年では日本でも簡単に手に入れられるようになったサプリメント商品や、健康食品関連の売上に貢献することです。こういった場合、自身が身につけている栄養学の知識とは、反する効果などを謳っている商品も少なくはないということです。これを正直に消費者に伝えると、商品は当然に売れなくなりますね。ですから、自分の中で矛盾を抱えながらも、商品を販売していかなければならなくなります。

栄養学の知識からは、どうも謳っている効果が得られるのかの確証は出来ない。こういった疑問を抱えながらも、消費者にはオススメするというアクションを起こしていかなければならないのです。これは相当のストレスになることでしょう。利益ばかりを追求することによって、感じる栄養学の専門家特有のストレスと戦っていく必要があるわけです。ただし売上が高ければ、その分収入面にそのまま跳ね返ってきます。

このようにドラッグストアで栄養学の知識を活かすためには、様々なメリットやデメリットが存在しているわけです。より詳しい情報を得たければ、転職エージェントに登録をして、キャリアコンサルタントにドラッグストアの現状をリサーチしておきましょう。ドラッグストアでは栄養士はもちろん、薬剤師の資格を有した方も存在していますから、そこら辺のスタッフとの関係性などの現実もしっかりと事前にリサーチをしておくことをオススメします。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.