心身障害児施設の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 職場別の栄養士求人 >> 心身障害児施設の栄養士求人

心身障害児施設の栄養士求人

■心身障害児施設の栄養士求人の状況
心身障害児施設では、20代〜60代までの幅広い年齢層の栄養士が募集されています。
定年が無い職場も多くあり、年を重ねていても資格を持っていれば活躍できる業界だといえるでしょう。

給与待遇は18〜21万円が平均的で、パートやアルバイト雇用の人材も広く募集されています。
また、管理栄養士の資格を持っていると、資格手当てが1万円ほど支給されます。

■心身障害児施設とは?
心身障害児施設は、心身に障害のある18歳未満の児童を対象とした社会福祉施設です。
施設では、介護や看護の専門家が常勤し、医学的な治療とリハビリ訓練を提供しています。

重度心身障害児を対象にした施設では、病院と同じく診療部も設けられており、医師も常勤しています。
その中で栄養士は、「食」での治療ケアを担当します。

■施設での栄養士の業務内容
施設での栄養士の役割は、利用児童が低体重にならないよう、健康的な食事を提供するためのサポートです。

栄養士は、毎日の食事を児童の病態に合わせた献立メニューを考えて、指示を行います。
食材の発注や管理も栄養士が行う業務の一環です。
給食業務を外部に委託している職場では、業者に対して料理内容を指示し、発注を行います。

調理関係の業務だけではなく、窓口などの事務処理も栄養士が兼任している職場もあります。

☆児童の食事介助も業務の一環
通常は介護士が行う食事の介助を、栄養士が手伝うケースもあります。
食事の様子を観察して、食べ残しやきちんと飲み込めているかなどを注視して、問題があれば献立考案の際に改善点を取り入れます。

児童一人一人の病態が違うため、専門的な栄養ケアスキルが求められる職場です。

■心身障害児施設に勤めるメリット
栄養士の資格をがんばってとって色んな職場で働いてみると、現実には調理業務ばかりで、栄養士が本来行う「栄養指導」というものからは程遠いと感じた人も多いようです。
しかし、それは働く職場を間違えているだけで、本来の専門的知識が求められる職場はどこかにあるものです。

心身障害児施設や特別養護老人ホームなどの社会福祉施設は、まさに栄養士のスキルを発揮できる職場だといえます。
なぜならば、個々の利用者に対して栄養ケアを施す必要があるからです。

これまでの仕事が調理業務ばかりで不満を感じている人は、社会福祉施設に転職をすると、栄養士の魅力を実感できるかもしれません。

■転職支援サイトの活用法〜スピーディーに職場を変えたい人にお勧め〜
IT系の資格から栄養士や調理師といった資格まで、幅広い専門職の人の転職で活用されている「転職支援サイト」。
一般の求人紹介サイトと違うのは、コンサルタントが担当者になって、利用者が入職するまで、転職先との橋渡しをしてくれるところです。

転職したいと思っても、実際には、働いている職場でお休みが取れず、新しい職場に移るという行動が起こせない人がたくさんいます。
転職支援サイトでは、コンサルタントが面接日の設定や条件交渉まで代理で行ってくれるので、現在仕事をされている方でもスムーズな転職ができます。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.