離職率が低い栄養士求人

栄養士求人TOP >> 条件別の栄養士求人 >> 離職率が低い栄養士求人

離職率が低い栄養士求人

■栄養士は離職率が高い?
栄養士は、全体的に見て離職率が高い職種です。
勤務先によっては、激務で事務処理が多いわりに、給料が安いといったような現実が、続く人が少ない理由だと考えられます。
しかし、求人を吟味して仕事を探せば、給料や仕事内容に満足できる良い職場が見つかります。

では、どんな職場がお勧めなのでしょうか?以下をご参考にしてください。

【栄養士の求人選びのコツ】
☆初任給が20万円以上の職場 給料の金額は、モチベーションを保つための重要な要素のひとつです。
一般求人には、基本給が16万円ほどの求人募集が多いですが、せめて20万円以上貰える職場を探したほうがいいでしょう。

☆定休日やシフトが固定されている職場
休みが決まっていないと、職場へのフラストレーションが溜まりやすくなります。
定休日が決まっている、もしくは勤務シフトが早期に決まる職場を選ぶのが、その職場で長続きするコツです。

☆交代の栄養士が複数名在籍している
できれば、交代の栄養士が複数所属している職場がお勧めです。
自分ひとりだけだと、休日出勤や超過勤務が多くなってしまいます。
仕事を分け合える栄養士の存在は、同じ職場で必要不可欠だといえるでしょう。

☆残業代込みの給料には気をつける!
企業によっては、契約社員を雇う時、基本給を低くし、最初から残業をフルでつけて給与額を設定する会社があります。
そういった企業は、残業の繰り返しで激務になることが多く、長続きしにくいです。
基本給の金額がどのくらいあるのかに注視しましょう。

☆専門性の高い仕事ができる職場に勤めるのが大事!
自身のスキルを十分に活かすことで、モチベーションを維持することができます。
栄養学による栄養ケアマネジメントを必要としている職場では、栄養士の知識が必要不可欠です。
専門職の存在意義が高い職場を見つけましょう。

■転職支援サイトで入職すると離職率が低い理由
転職支援サイト経由で勤め始めた人の多くが、満足して長期間その職場で働き続けています。
なぜ転職支援サイトの利用が転職につながるのか?

それは、転職する前に徹底したカウンセリングをコンサルタントが行い、条件に合った職場を探してくれるからです。
また、コンサルタントが職場環境の詳しい情報を教えてくれるので、自分にとって働きやすい職場を選びやすいのです。
就職・転職にはとても有利なサービスですので、積極的にサイトのサービスを活用しましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.