退職金が高い栄養士求人

栄養士求人TOP >> 条件別の栄養士求人 >> 退職金が高い栄養士求人

退職金が高い栄養士求人

退職金は、完全にケースバイケースです。職場が違えば違うのは勿論ですが、勤続年数や役職などによっても異なります。同じ病院の栄養士であっても、国立病院なのか私立病院なのかでも全く違います。少しでも退職金を上げたい、退職金が高い職場で働きたい、と考える人も多いかもしれませんが、就職する前から求人を見てこの職場は退職金が高いとは判断できないのが現状です。

栄養士の退職金は多くありません、そもそも栄養士自体があまり給与面において優遇された職種ではありません。給料がそもそも高給ではないので、突然高額な退職金が支給されることも期待できません。ただ、これは完全に職場によりますので、仕事がとても高く評価されている場合や、勤続年数が長い場合、主任などの役職がついている場合は企業によってはしっかりと支給されるでしょう。退職金が支払われるまでの、勤続年数に規定がある場合もあるので注意しましょう。このように、支払われない可能性も十分にあります。多くの場合、勤続2年までは支払われません。

ただし、公務員の職に就けば話は変わってきます。公務員である学校栄養士になれば、退職金も公務員と同じ規定になります。公務員は勤続年数が増えれば増えるほど退職金が上がるとされており、明確に退職金のアップが期待できる唯一の求人かもしれません。また、公務員の為育児休暇なども取りやすく、普通の企業や施設では産休などの長期の休みを取ることが出来ず離職する方も多いですが、休職してそのまま復帰できる数少ない職場です。元から出産を望んでいて、安定した仕事を探したい場合は、公務員の栄養士を目指すのが一番かもしれません。定年退職する地方公務員の退職金の平均額は約200万と言われており、栄養士でこれに近い退職金がもらえるとしたら、特殊な職場でない限り公務員職くらいかもしれません。

また、退職金はどの企業でも必ず支払われるものではありません。退職金が支給される企業の場合、就業規則に退職金制度の記載があるので、これを確認しましょう。退職金制度の記載がなければいくら会社に貢献しても退職金は出ない可能性が高いです。ただ、転職の際あったはずの退職金制度を、経営難等の理由で取りやめる企業もあります。求人を探す際の条件に退職金制度を導入していることを入れておくとわかりやすいです。ただ、求人に記載があったからといって安心せず、必ず就業規則を確認しましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.