契約社員の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 条件別の栄養士求人 >> 契約社員の栄養士求人

契約社員の栄養士求人

栄養士の求人には、正社員やアルバイト、そして契約社員など様々な雇用形態のものがあります。栄養士の資格を持っているけれど、正社員として一日8時間拘束されるのは時間的にキツイという人にとっては、契約社員として働くことは大きなメリットがあるのではないでしょうか。契約社員の栄養士を雇用している職場はたくさんありますが、どんな職場があるのかを探す際には、栄養士の勤務時間が一日当たり数時間だけと短くなっている職場を探すのがポイントです。例えば老人ホームなどは、朝食や昼食、そして夕食と入居者に対して1日3食の食事を準備しなければいけないため、その下準備なども含めて1日の勤務時間は長くなりやすいものです。しかし、昼食のみを準備する学校や幼稚園、民間企業などは一日の勤務時間が短いため、正社員ではなくて契約社員として雇用することが多いので、契約社員として働きたい人にとってはチャンスが多い職場と言えるでしょう。

ただし、学校や企業などのお仕事は、働く時間が平日だけということで人気が高く、少ない求人募集に対して大勢が殺到することが多いという特徴があります。また、離職率が低いためなかなか求人募集が出てこないので、こうした職場で契約社員として働きたい人にとっては、仕事を探しているのになかなか見つからないし、応募しても不採用になってしまうことが多くてイライラするかもしれません。もちろん、契約社員として働くのは学校や企業だけではないので、他にも幅広く仕事探しをすることが必要ですし、不採用になっても人気が高い職場だから仕方ないと、前向きに仕事探しを続けることが必要ですね。

契約社員の栄養士として働く場合には、求人募集をチェックする際に、まず最初に雇用条件をきちんと確認することが必要です。一般的に社会保険などの福利厚生は、正社員として働かなければ利用できないというお仕事が多いのですが、栄養士の場合には契約社員やアルバイトなどの非正規雇用でも社会保険を利用できる職場はあります。また、契約社員の場合には、雇用期間が最初に限定されていることがあるので、そうした点もあらかじめチェックしておいた方が安心ですね。

職場によっては賄いがついていたり、正社員としての採用チャンスがある職場もあります。どんな職場で働くかによって、その後のキャリアプランが変わってきますし、生活にも大きな影響が出てくるのではないでしょうか。契約社員と言っても働き方は職場によってピンキリなので、できるだけ複数のお仕事を比較検討しながら、自分にピッタリのものを見つけるのが良いでしょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.