英語力が生きる栄養士求人

栄養士求人TOP >> 条件別の栄養士求人 >> 英語力が生きる栄養士求人

英語力が生きる栄養士求人

栄養士の求人には様々な種類があります。施設によって仕事内容も多種多様なため、栄養士として一括りにしても、求められる人材も色々です。自分の希望の職種にあったスキルを身につけたり、今のスキルを活かせる職場を選ぶことで、充実した仕事にできます。英語力と栄養士の資格が活きる資格も、少ないですが存在します。

例として、グローバルに展開している食品メーカーの求人があります。外資系の企業などで、食品に関する品質管理や、製造等などの業務で英語ができる栄養士を募集している場合があり、食品を製造しているメーカーだけでなく、海外から輸入している企業も英語が出来る栄養士のニーズがあります。他にも治験コーディネーターなどがあります。治験は外資系の企業でも、日系の企業でも海外の治験企業との連携が必要で、英語が必要になります。

治験コーディネーターは、治験が適切に行われる手助けをします。治験コーディネーターは栄養士の資格が重要になってくるので、英語と栄養士の資格両方が活かせます。医師や製薬会社、被験者との間に入りコミュニケーションを行い治験の計画を立てたり、報告をまとめたり、その名の通り治験をコーディネートすることになります。栄養士と治験コーディネーターは一見違う分野に見えるかもしれませんが、現在治験コーディネーターが足りていない現状があり、栄養士や管理栄養士の勉強する分野が同じ部分があり、栄養士や管理栄養士でも治験コーディネーターとして能力を活かせると判断されている為です。新しく勉強する部分もかなり大きい為、メディカルな道を志す方以外は厳しいかもしれません。

栄養士の膨大な求人から英語力が活きる求人を探すのは少々難しい場合があります。英語力も活かせる職場というのは、栄養士の求人の中でも非常に少ない為です。その為、英語を活かせる求人を専門に取り扱っている求人サイトであれば、あとは栄養士の資格が必要な求人を探すだけなので効率的です。また、英語力が活かせて栄養士の資格も活きる職場や職種の中で、自分がしたい仕事が決まっている場合は、その仕事がある求人サイトや企業などを探す方が早いでしょう。年齢や仕事を探す時期などによっても、いい求人が見つかるサイトや会社が違ってきますので、できるだけ沢山の求人を見る機会ができるようにしましょう。

英語力と栄養士の職場を両方活かせる職場は少なく、求人も圧倒的に少ないです。その為英語ができれば必ず就職に有利になるということではありません。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.