50代の栄養士求人

栄養士求人TOP >> 条件別の栄養士求人 >> 50代の栄養士求人

50代の栄養士求人

■50代から栄養士の求人は見つかる?
栄養士は、即戦力となる人材が求められているため、50代からでも求人を見つけることは可能です。

一般のサラリーマンでは、50代からの転職活動は至難を極めます。
それに比べて専門職は、実務経験が評価されますので、経験を重ねた人ほど転職活動には有利なのです。

では、どのように転職活動をしたら、良い求人を見つけることができるのでしょうか?
それは、これまで積み重ねてきた実務経験を活かせる仕事を探すということです。

■意外に多い50代からの転職活動〜求められるスキルとは?〜
定年制を設けているところでも、再雇用制度によって再度雇用してもらえることがあります。
しかし、その場合、減額された給料が支給されるケースが多く、そのために定年後すこしでも高い給料を確保することを考えて、新しい職場を探す方がたくさんいらっしゃいます。

一般のサラリーマンの場合は、人脈と経験が50代以降転職の鍵になるのに対して、栄養士は、責任者として働ける管理能力があるかどうかが求められます。

■異業種への転職ではなく同じ業種を選ぶ
50代からの転職成功の鍵は、これまでの実務経験が物を言います。
20代から栄養士として働きはじめたとして、50歳までの約30年間に積み重ねてきた専門職スキルは、企業からも高い評価を受けやすいです。

ですから、選ぶべき求人は同じ業種のものがベスト。
同じ業種、例えば病院栄養士でこれまで働いてきたのであれば、転職先も病院がいいのです。
患者の栄養ケアに深く精通しているため、即戦力として採用する病院からも評価されやすいといえます。
責任者待遇として迎え入れられることもあるでしょう。

仮に異業種への転職をした場合、その分野では一からとなりますので、キャリアアップは現実的に考えて難しいです。
これまで積み重ねてきた延長線上に、好条件の求人があると考えてください。

■責任者(リーダー)募集求人を探す
50代からは責任者として働ける職場を見つけましょう。

栄養士求人の中には、現場リーダーを募集する求人が多数あります。
責任者として入職すると、管理手当てが支給されますので、最初から高い給料をもらうことが可能です。

また、管理栄養士の資格を持っていれば、資格手当ても支給されます。(※資格手当ては平均して1万円ほど。)

■定年制のない求人を探す
50代からの転職は、これから先のことを見据えて、働き続けられる職場を探すことが大事です。

企業の中には、65歳を過ぎても働くことができる「定年制」をとらないところがあります。
60歳以上になっても現役で働けるということは、老後の安心を手に入れることにもつながります。

☆50歳を過ぎても働ける仕事を探すには?
50代以上の方でも働ける職場は、転職支援サイトにたくさん登録されています。
ここで紹介している転職支援サイトでは、給与条件や勤務時間などの調整も可能で、多くの方が内定を獲得している大手仲介業者です。
登録・利用共に無料ですので、活用して転職を成功させましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.