栄養士の仕事内容

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士の仕事内容

栄養士の仕事内容

栄養士とは栄養面の専門家です。専門的な知識に基づき、食事の管理や栄養指導を行うことが主な仕事内容になります。

栄養士は学校や病院で勤務している場合もあります。学校では給食、病院でも入院患者に対して食事を提供します。この食事の献立に関して、栄養バランスなどを考えてメニューを決めるのが、栄養士の食事の管理の業務です。病院の場合には医者や看護師、薬剤師と協力して、患者の容体などを見てどのようなメニューにすべきかを考えていきます。

栄養士の食事の管理の難しい所は、ただ単に栄養バランスがとれていればそれでいいというものではない点です。おいしい献立を考える必要があります。せっかく栄養バランスが良くてもメニューの組み合わせが悪ければ、誰も食べてくれないからです。栄養士は献立の作成や食事指導の他にも、食欲をそそるように盛り付けのアイデアを出すのも仕事内容に含まれます。また職場によっては、調理師などと協力して調理も担当することもあります。ですから栄養士を目指すのであれば、料理を作るのがもともと好きな人の方が向いていると言えます。

もう一つの栄養士の主な業務内容である栄養指導とは、それぞれの人にとって望ましい食事についてのアドバイスをする仕事になります。最近では食の欧米化が進んでいて、食生活が乱れてしまっている人も少なくありません。その結果、生活習慣病の予備軍やすでに発症している人も少なからず見られます。生活習慣病の状態を放置していると、高血圧症などを招き、さらなる深刻な病に発展する可能性もあります。そのようなことにならないように、健康診断の結果問題があると判断された人を対象にして、食生活の見直しに関するカウンセリングを実施します。

活習慣病の中でも罹患する人が増えていると言われているのは糖尿病です。血糖値の高い症状なのですが、自覚症状がなかなか出てこないのでそのまま放置してしまう人も多いです。その結果、足が壊死して切除しなければならないとか、失明してしまう合併症を引き起こすケースも見られます。糖尿病の治療方法として運動療法とともに効果的と言われているのが、食事療法です。血糖値が高くならないように普段どのような食生活を送ればいいか、栄養士が専門家の観点からいろいろと指導するケースも多いです。

最近ではアスリートが高いパフォーマンスを発揮するためには食事が重要と言われています。そこで普段どのような食事をとるべきか、栄養士がアドバイスを送るといった業務も見られます。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.