栄養士に多い悩み

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士に多い悩み

栄養士に多い悩み

栄養士の中には、日々自分の仕事に悩みを抱えている人も少なからず見られます。その悩みの原因を見てみると、いくつかのポイントに集約されるようです。まずは栄養士の仕事量についてです。他の仕事をしている人にはちょっと想像つかないかもしれませんが、栄養士は意外と忙しいところがあります。たとえば最近では介護施設で勤務する栄養士も増えていますが、例えば祝膳を毎月考えないといけないとか、デイサービスで勤務している栄養士は特別なおやつを月1回くらいのペースで考える必要のあるケースも見られます。その他にも職員に出す食事も考えないといけない施設も見られますし、食費の予算のやりくりに頭を悩ませている栄養士もたくさんいます。さらに栄養士の中には厨房に入って調理も担当していることも珍しくありません。そうなると仕事量が多くなるので、自分のプライベートな時間が持てないと悩んでしまいます。

どの職種でも離職理由で多いのが、人間関係に疲れたというものがあります。栄養士も例外ではなく、職場の人間関係に悩む人はたくさんいます。たとえば病院の場合には、医者や看護師などと相談しながら献立を考えていかないといけません。その中で意見が対立してしまうこともあります。また医者の中には「栄養士が自分の意見に反対するのか?」という横柄な態度をとる人も中にはいるといいます。このため、言いたいことも言えずにストレスを溜めてしまうケースも見られます。

学校や保育園、幼稚園で勤務している栄養士は、時として子供があまり好まない野菜を献立の中に入れないといけないこともあります。栄養バランスのことを考えるとやむを得ないことかもしれませんが、子供が食べるのを嫌がると先生や保育士などから文句を言われる可能性もあります。さらに最近ではモンスターペアレントという言葉も一般で広く知られるようになりましたが、献立にクレームを入れる保護者もいるかもしれません。その結果、どんどん精神的に追い込まれてしまって離職に至るパターンもあります。

栄養士の悩み・ジレンマの中で大きいのは、他の職種の人たちに自分の仕事が理解されないというものがあります。栄養士は栄養学に関する専門知識を持っているのですが、なかなか雇う方がそのことを理解していないケースも結構見られます。施設の中には栄養士のことをただの飯炊き係くらいにしか思っていないこともあります。そのような低い評価の中で仕事を強いられることに悩みを抱いている栄養士も少なくありません。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.