栄養士の転職と自己PR

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士の転職と自己PR

栄養士の転職と自己PR

栄養士の転職の場合もほかの職種同様、自分を相手に売り込むという作業が必要不可欠です。内定を勝ち取るためには、いかにして相手に「自分は必要な人材である」「自分を雇えばメリットがある」と思わせることがとにかく重要です。ですから自己PRをどのようにして作成するかは、転職活動が成功するかどうかで大きな影響力があります。

栄養士としてそれなりのキャリアを積み重ねているのであれば、今までの経験をアピールすることが大事です。栄養士としていままでどのような仕事をしてきたのか、その仕事の中でどのような役割を果たしたか、困難に直面した時にどのようにして解決しようとしたのかなどを考えてみましょう。栄養士の中でも、主任などのその業務グループの中でリーダーを務めた場合にはその部分は重点的にアピールしたいところです。どのくらいの規模のチームのリーダーを経験したか、自分たちのチームはどのような役割を果たしたかなどもまとめてみましょう。

栄養士としての経験がまだ十分でない人の場合、実務経験の部分でなかなか自己PRするのは難しいかもしれません。ならばプライベートな部分で、栄養士としてふさわしいという点をPRしてみると良いでしょう。たとえば栄養士は食事の提供をするというおもてなしの仕事でもあります。特に病院や介護施設、学校などで勤務する場合にはもてなすという要素が出てきます。プライベートなエピソードの中で、もてなし上手であるところをアピールできないか考えましょう。たとえば友達の誕生日会やバイトの打ち上げの幹事になって取り仕切った経験があるとかでも、自分は栄養士に向いているということのアピール材料に持っていくことも可能です。何か栄養士の仕事をするにあたって、プラスになるようなエピソードがないか見直してみましょう。

栄養士の自己PRですが、えてして自分の良いところのアピールだけで終わってしまう人もいます。しかしこれでは不十分です。相手が求めている部分におけるPRでないと、人事担当者も興味を示してくれません。自分がアピールしたい点ではなく、相手が求める部分のPRを考える視点も持ちましょう。会社のホームページの採用情報を見てみると、どのような人材を求めているのかを記載していることも多いです。この部分を読み込んで、相手の求める人物像に自分がマッチしていることをアピールするには、どの経験を材料に持ってくればいいかを考えましょう。相手ありきのアピールでないと効果も半減してしまいます。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.