栄養士の転職と履歴書

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士の転職と履歴書

栄養士の転職と履歴書

栄養士の募集に応募する場合、たいていのケースで履歴書を作成することになるはずです。履歴書ですが、市販の履歴書で作成しても構わないとしているものが多いです。しかし一部企業などでは、会社の指定する書式の履歴書で作成しないといけないルールのケースもあります。その場合、その企業のホームページの採用情報に履歴書のダウンロードが記載されているはずです。その指示に従って、履歴書を作成しましょう。職務経歴書はパソコンで作成することが多くなっていますがが、履歴書の場合、手書きで準備するのが今でも一般的です。字の上手い下手は致し方ないですが、ていねいに記載するように心がけましょう。またもし書き間違えた場合には、一から新しい履歴書を準備してやり直すようにしましょう。修正液のようなもので書き直さないことです。

履歴書の基本的な書き方ですが、学歴は中学卒業か高校入学から記載することです。学校名を記載する場合には、正式名称で書くことです。海外に留学したとか、大学を卒業してから栄養士の資格取得のために専門学校に通ったなどの場合、結構書き忘れの生じることがあるので注意しましょう。職歴ですが、職務経歴書にてどこでどのような仕事をしたかは詳しく記載するので、事柄だけを記載することです。例えば病院で勤務した場合には、病院名といつ入職していつ退職したのかという事実だけの記載にとどめましょう。

履歴書で採用担当者が重視する項目の一つに、志望動機があります。志望動機を作成する際には、まず栄養士の仕事を目指そうと思ったきっかけを書き、今までのキャリアをどう今後に生かしていきたいかを説明しましょう。そして応募した企業の中でも、どのようなポイントに興味を持ったのかを記載すれば、採用担当者に熱意をアピールできます。市販の履歴書を見ればお分かりでしょうが、それほど記入できるスペースは広くありません。ですから200〜300文字くらいでシンプルに簡潔にまとめるように心がけましょう。

資格記入欄には栄養士の資格は必ず書き入れておきましょう。もしその他にも資格を保有していて、これから応募しようと思っている企業で生かせそうな資格があれば、それも記入しておきましょう。趣味で取得した、仕事をするにあたってあまり使い道のない資格に関しては、履歴書にわざわざ記入する必要はないでしょう。履歴書には写真を貼り付ける欄が用意されているでしょうが、写真が郵送している途中ではがれる可能性があるので裏面に自分の名前を書き入れておくことです。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.