栄養士に強い転職サイト

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士を辞めたい時

栄養士を辞めたい時

仕事を辞めたい理由は人それぞれです。栄養士と言う仕事に限らずどんな仕事でもあり得る理由から、栄養士特有の問題まで様々あります。解決できる問題もあれば解決できない問題もありますし、辞めたり転職した方が良い場合もあります。

よく聞く悩みの1つに、栄養士は施設内で1人で担当することが多いというものがあります。現在多くの施設で、栄養士や管理栄養士の仕事は1人で担当することが多く、そこから様々な悩みを抱える人が多いです。同僚もいなければ先輩もいないということは、仕事について教えてもらえませんし、相談も出来ないということです。新しい職場で全て自分で調べなければいけないのは、不安も多いです。また、栄養士の仕事自体は1人でこなせるものでも、他の仕事の担当の人と協力して仕事を行ったり指示を出す必要が出てくる場合があります。先輩がいないと他の担当者との繋がりも初めから自分で作る必要があります。更に、どうしても体調不良などで休まなければいけない時は、他の担当の方が栄養士の分担の仕事もすることになる場合があります。そんな時もスムーズに連携できるように、仕事内容もそうですが、他の部署の人ともしっかりと信頼関係を築きましょう。 

また、連携する他の担当の人が年下な場合が多いです。栄養士は2〜4年で資格を取得して実務に就くことが可能な為、高校卒業後そのまま進学して資格を取ると20代で働き始める人も多いです。しかし、栄養士の指示を受けて仕事をする調理担当の人は30代以上の方が長年働いている場合も多く、新しい職場で自分より年上で、経験も豊富な人たちに指示を出すというのはとても気を遣います。小さな施設であればあるほどコミュニケーション能力が大変求められます。

そして、多くの施設では、栄養士の仕事量はとても多く、残業があったり、勤務する時間が不規則だったりします。生活環境の変化などによっては仕事を継続するのが困難になることもあります。自分にあった条件の職場があれば転職を考えるのも1つの手です。女性の方であれば、妊娠出産して産休が必要になる方もいると思いますが、施設に1人で担当することが多い栄養士は、一定の期間休みを取ることが難しく、産休期間のみの代わりを探すのも難しいので、代わりが見つからず仕事を継続できない場合もあります。

自分の理想と完全に一致する仕事や職場を探すことは難しいですが、栄養士を辞めたい時は原因や問題を見つけて対処方法を考えてみましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.