栄養士の転職と志望動機

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士の転職と志望動機

栄養士の転職と志望動機

栄養士が転職活動するにあたって、書類を作成したり面接試験を受けたりします。その中で採用担当者が重視するのは、志望動機についてです。志望動機はありきたりなものではなく、オリジナリティのある文章を作成しないと熱意が相手に伝わりません。栄養士が転職するにあたっての志望動機ですが、どの職場への転職を志すかによって変わってきます。

病院や学校への転職を検討している栄養士もいるでしょう。病院や学校の場合、患者や子供たちの健康管理がメインの業務になります。病院の場合、もともと体の弱い患者を相手に食事の献立を考えていかないといけません。どのような食事を提供するかによって、症状が改善することもあれば、逆に悪化してしまうこともあるでしょう。学校は健康な子供を相手にしますが、決して油断はできません。例えば最近の子どもの中には、アレルギー体質を抱えている子供も結構います。もしアレルギー反応してしまう食材が給食などに入っていると、場合によっては深刻な症状を呈することもあります。アナフィラキシーショックと言って、重症になって最悪死亡することもあります。いろいろな状況を想定して、食事の献立を考えていかないといけません。患者や子供たちの健康を預かる重要な仕事に就いてみたかったからという部分をまずは説明してみましょう。

栄養士の中には、食品メーカーへの転職を検討している人もいるでしょう。この場合、商品開発の仕事に携わることが多いはずです。会社に転職するのであれば、自分の専門知識を生かしていかに企業に貢献していきたいかをアピールしましょう。また商品開発に携わることで、世の中の人々に対して美味しくて健康や美容にいい商品を提供できます。社会貢献をしてみたいといったことも志望動機に含めてくると、会社に入った後のことを具体的にイメージしていると、採用担当者にプラスの印象を与えられるでしょう。

栄養士の転職活動で、よく陥ってしまうのは「なぜ栄養士になりたいのか?」という志望動機で終わってしまうパターンがあります。すると採用担当者は「ウチでなくてもいいのでは?」と思われてしまいます。他ではなくなぜその応募先の企業に就職したいのか、そのことを志望動機に盛り込みましょう。そうすればより説得力のある志望動機になるはずです。応募しようと思っている企業のホームページなどを見て、どのような思いで商品・サービスの提供をしているのかを理解して、それを自分の志望動機にうまく盛り込んでいきましょう。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2017 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.