栄養士の転職先の分類

栄養士求人TOP >> 栄養士の転職の基礎 >> 栄養士の転職先の分類

栄養士の転職先の分類

栄養士の転職先ですが、いろいろな選択肢があります。栄養士の仕事の中の一つに、栄養バランスのことを考えて献立を作る業務があります。この業務を生かせるのが病院や学校といったところです。また最近では高齢化の関係もあって、介護施設も日本全国的に増えていて、こちらでも栄養士のニーズが高まっています。食事の献立を考えるときには、栄養バランスの他にも食べ合わせなどやおいしいかどうかといったこともケアして組み立てる必要があります。また病院や介護施設の場合、持病を抱えていて、そのことも考えてメニューを検討する必要があります。高齢者の場合には、消化しやすい軟食とか流動食なども活用することもあるかもしれません。

栄養士の中には公務員として活躍している人もたくさんいます。具体的には保健所や保健センターなどで勤務をしている栄養士が該当します。保健所は都道府県や政令指定都市、中核市に設けられています。保健センターですが、市町村単位で設置されている公的な機関です。簡単に言えば、地域住民が健康的な生活を送るためのサポートをする役割を担います。健診や予防接種、食品衛生の管理の他にも、保健や栄養改善のための指導も担当します。場合によっては栄養士免許の申請受け付けや飲食業開業のための許可申請の受付といった事務手続きの担当になることもあります。

アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するためには、栄養バランスのとれた職位をとることも重要であるという認識がジャンルに関係なく広まっています。そこでスポーツ選手のサポートをするスポーツ栄養士という仕事も出てきています。日々の食生活のアドバイスから、サプリメントとしてどのようなものを摂取すべきかも検討していきます。栄養学の専門的な知識の他にも、運動生理学やそれぞれの選手の個性や特徴を把握するためにもコミュニケーション能力が要求されます。そして個々の選手のパフォーマンスを最大限引き出すためには、どのようなところに注意を払えばいいかを考えていきます。

開業栄養士とか在宅栄養士という言葉が使われることもあるのですが、フリーランスでどこにも在籍することなく活動している栄養士もいます。自分のペースで仕事ができますし、上で紹介した業務の他にもオリジナルで仕事を作ることも可能です。たとえば栄養士の中には、主婦向けの料理の献立の組み立て方講座のようなものをカルチャースクールなどで開講しているケースもあります。このように栄養士として活躍できる職場は多種多様です。

栄養士の求人が見つかるサイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職対応エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 完全無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 栄養士求人ランキング All Rights Reserved.